トップページ > デジタル資料 > 国立国会図書館デジタル化資料送信サービスが利用できます。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービスが利用できます。



 国立国会図書館では,デジタル化して国立国会図書館内で提供していた資料のうち,絶版等の理由で入手が困難な資料について,平成26年1月21日から図書館向けデジタル化資料送信サービスを開始しました。
 このサービスにより,今まで国立国会図書館内でしか閲覧することができなかった資料の画像を,サービスに参加する図書館の館内で閲覧することができるようになりました。
 
 広島県立図書館では,平成26年3月29日から,館内のインターネット閲覧用パソコンで利用していただくことができます。
 
 利用するには,当館の利用カードが必要です。
 ※ 「広島県立図書館利用カード」をお持ちでない方は,登録をお願いします。→ 利用カード登録の方法はこちら

 〇利用申し込み 

  利用を希望される場合は,広島県立図書館利用カードを提示の上,カウンター2でお申し込みください。

 
〇閲覧・複写について

  デジタル情報検索コーナーで,国立国会図書館のデジタル化資料を検索し,本文の画像を見ることができます。
  複写を御希望の場合は,別途お申し込みが必要です。「国立国会図書館デジタル化資料プリントアウト申込書」に,資料名と複写希望箇所のコマ番号を記入してください。複写作業は,著作権法上の要件等を確認した後,図書館職員が行います。
  
複写料金は、1枚20円です。(A4又はA3サイズ,白黒のみ。)

 国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの案内ページはこちら

 なお、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、インターネット公開しているものについては、「国立国会図書館デジタルコレクション」のウェブサイトで、御自宅等のインターネット端末から本文画像を閲覧することができます。→ 「国立国会図書館デジタルコレクション」はこちら