トップページ > レファレンス・サービス(調べる・相談する) > こんなレファレンスがありました(メールマガジンから) > “サンパチ豪雪”を御存知ですか?(第22号)

“サンパチ豪雪”を御存知ですか?(第22号)



 寒い毎日です。この時期に関する事例を御紹介します。
 「中国山地の“サンパチ豪雪”は,いつ頃あったことなのか?豪雪とはど
の程度だったのか?」という御質問がありました。
 『台風・気象災害全史』や『雪と氷の事典』を調べると,正式には,気象
庁が「昭和38年1月豪雪」と命名したものを,「38豪雪(さんぱちごうせつ)」
と呼ぶようになったそうです。
 この時の広島県や中国地方の状況は,『広島の気象百年誌』『水文気象』
(広島県水文気象連絡協議会)『昭和38年(1月〜12月)の災害状況』(広
島県)で分かります。広島では,1月の平均気温は1.4℃。雪日数は,25日。
最高積雪は,八幡350cm。死者や家屋全壊など,相当の被害がありました。
 『広島県積雪累年気候調査報告』では,昭和38年豪雪をきっかけとして,
過去の積雪を調べ,豪雪がどのくらいの期間で起こるのか推定しようと試み
ています。
 
参考URL:レファレンス協同データベース
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000100549
参考URL:気象庁ホームページ>気象庁が命名した気象及び地震火山現象
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/meimei/meimei2.html

(平成24年2月1日発行)