トップページ > レファレンス・サービス(調べる・相談する) > こんなレファレンスがありました(メールマガジンから) > 詩の初出を調べました(第18号)

詩の初出を調べました(第18号)



  石垣りんの詩「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」の初出のコピーを,
何としても入手したい,との御依頼がありました。
 石垣りんは,昭和・平成期の詩人で,単行書も多く出版されています。お
尋ねの詩は,その中でも特に著名なものですが,『石垣りん詩集』などの単
行書にも,初出誌の情報は見付かりません。
 御自身の調査で,昭和27年5月以前の発行であることは分かっています。
 当館での調査でも,「初出は職場(日本興業銀行)の組合新聞」という記
事を見付けましたが,肝心のタイトルは不明です。
 専門機関を調べると,「石垣りん文学記念室」「全国銀行協会図書室」
「法政大学大原社会問題研究所」など関係がありそうです。調査依頼したと
ころ,大原社会問題研究所から,「研究所所蔵の『職組時評 女子版』(昭
和27年2月)に掲載がある」と回答が来ました。まさかの初出誌が見付かっ
た興奮を抑えつつ,御依頼の方にコピーをお渡しすることができました。
 図書館での調査は限界がありますが,専門機関の協力により,解決できる
場合もある,という大変うれしい事例として御紹介します。

(平成23年10月1日発行)