トップページ > レファレンス・サービス(調べる・相談する) > こんなレファレンスがありました(メールマガジンから) > フラワーフェスティバルが始まった理由(第37号)

フラワーフェスティバルが始まった理由(第37号)



  ゴールデンウィークに広島市の平和大通りで開催されるフラワーフェステ
ィバルが始まった理由が知りたい,との御質問がありました。
 「ひろしまフラワーフェスティバル」は,毎年5月3日から5日までの3
日間開催される祭りで,昭和52年に始まり,今年は37回目になります。
  当時の新聞を見ると,昭和51年9月15日付け『中国新聞』1面に,祭りの
誕生を知らせる記事があり,昭和50年の広島東洋カープ優勝の賑わいを経験
したことで,市民の間から,「市民が気軽に参加できるような祭りが欲しい
」という声が出されていたことが紹介されています。また,『広島新史  都
市文化編』(広島市 1983)によると,広島市が近隣町村との合併を進めて
いた時期でもあり,「全市民的連帯感の創造は行政サイドにとって焦眉の急
務であった」との記載があります。
 「フラワーフェスティバル」という名称については,『信頼』(中国新聞社 
2012)に,考案した山本一朗氏のことが書かれています。
                            (調査情報課)

(平成25年5月1日発行)