トップページ > レファレンス・サービス(調べる・相談する) > こんなレファレンスがありました(メールマガジンから) > 手がかりは魚の名前(第41号)

手がかりは魚の名前(第41号)



 「かぶせ釣り」という釣り方があるらしいが,その方法が知りたい,との
質問がありました。釣る魚の種類も分からないということです。
 一般的な釣り関係の本や漁法について記述のある漁業の本には,載ってい
ません。特定の地域の独特な釣り方なのかもしれないと思い,郷土資料の釣
りの本を調べると,『中国・四国地方の釣り用語集』に「カブセ釣り」があ
りました。殻つきカキを使ってチヌなどを釣る釣法とありますが,具体的な
方法は書いてありません。しかし,釣る魚の種類が分かったので,チヌを手
がかりに探すと,『絵で見る瀬戸内の海釣り:入門編』や『最新仕掛け集』
に仕掛けが図解で書いてあるのを見つけることができました。ちなみに「チ
ヌ」とは広島でクロダイのこと。『クロダイ釣りの研究』には「かぶせ釣り」
について詳細に書かれていました。牡蠣篊場(ひびば)に棲むクロダイを,
牡蠣を釣餌や撒餌に使って釣るところから始まったとのことで,牡蠣養殖が
盛んな広島らしい釣り方なのだと分かりました。         (調査情報課)

(平成25年9月1日発行)