トップページ > レファレンス・サービス(調べる・相談する) > こんなレファレンスがありました(メールマガジンから) > ラジオ歌謡で活躍した歌手(第47号)

ラジオ歌謡で活躍した歌手(第47号)



 昭和20年から30年頃,NHKの「のど自慢大会」で優勝し,その後NHK
の歌番組「ラジオ歌謡」で「さざん花の歌」や「ポプラに歌う」などを歌っ
た鳴海日出夫(なるみひでお)という歌手の経歴が知りたいという質問があ
りました。 
  歌手ということなので,『日本芸能人名事典』や『日本タレント名鑑』な
どを調べましたが,掲載はありませんでした。人物情報データベース「WH
O Plus」(日外アソシエーツ)や朝日新聞の記事データベース『聞蔵
(きくぞう)2』なども検索しましたが,見当たりません。
 『昭和歌謡全曲名(戦後編)』を見ると,昭和29年にコロムビアから「さ
ざん花の歌」のレコードが発売されています。『コロムビア五十年史』を見
ると,写真は掲載されていますが,経歴までは書かれていませんでした。
 見付からないかとあきらめかけた時,年刊雑誌『ラジオ歌謡研究』第2号
(2008)に,鳴海日出夫さん自身が書かれた「ラジオ歌謡と私」という記事
を発見,昭和27年,NHK素人のど自慢全国コンクールで全国1位になった
ことなどが書かれていました。昭和4年,新潟県上越市生まれなど,プロフ
ィールも掲載されており,質問者に紹介することができました。
                           (調査情報課)

(平成26年3月1日発行)