トップページ > レファレンス・サービス(調べる・相談する) > こんなレファレンスがありました(メールマガジンから) > 細見綾子の句が毛筆で書かれた資料(第66号)

細見綾子の句が毛筆で書かれた資料(第66号)




 「書道の手本にしたいので,細見綾子の「鶏頭を三尺離れもの思ふ」とい
う句が毛筆で書かれた資料はないか」という質問がありました。
 当館が所蔵している細見綾子に関する資料を探し,『細見綾子俳句鑑賞』
『剥落する青空:細見綾子論』等を見ましたが,毛筆で書かれた句は掲載さ
れていません。
 雑誌論文等を探すデータベースCiNii Articles(サイニイ アーティ
クルズ)では,細見綾子に関する記事がヒットしましたが,当館が所蔵して
いるのは雑誌『俳句』のみで,探している句はありませんでした。
 ここで,俳句が書かれた色紙や短冊を掲載した図録がないかと書架を探し
たところ,『現代俳人の肖像』という資料が目に留まりました。内容は,現
代俳人30名の写真や対談とともに,自筆の書が掲載されており,細見綾子の
探していた句も掲載されていました。
 資料を探す際,検索ばかりに頼らずに,本棚に行き,資料の中身を実際に
確認することの大切さを感じた事例でした。     

                            (調査情報課)

(平成27年10月1日発行)