トップページ > 利用案内 > 平成22年度 特別整理の様子

平成22年度 特別整理の様子



 当館は、平成23年2月21日(月)から3月4日(金)まで、お休みを頂いて、特別整理(蔵書の点検作業等)を行っています。
 館内では、作業着に身を包んだ職員が、「配架是正」や「蔵書点検」、「ゆすり」などの作業に連日取り組んでいます。
 どのような作業が行われているのか、写真で紹介したいと思います。
 

 〈配架是正〉
 
 書架(本棚)にある本を、請求記号(ラベルの数字や記号)順に正しく並べ直します。

配架是正    配架是正2
     

 〈蔵書点検〉
 
 図書館の蔵書は、コンピュータで管理しています。
 休館中、貸出・返却等のデータの変更を停止して、書架にある全ての図書のバーコードを読み取ります。
 読み取ったデータとコンピュータのデータを照合させて、不明資料や置き場所の違う本を抽出し、確認します。 
 この写真は、2人1組になって,1人が本棚から本を降ろし,もう1人がハンディーターミナルという機械でバーコードを読ませているところです。

 蔵書点検    蔵書点検2
     

 〈ゆすり〉
 
 書架(本棚)の混み具合に応じて、並べている図書をずらしたり、一部を移動させて、スペースを生み出していきます。
 先を見越して、空いた棚を分配していく(ゆすって均等にする)ことから、この作業を「ゆすり」と呼んでいます。
 移動距離が長いときなどは、写真のように、一人が棚から図書を抜き、バケツリレーの要領で図書を移動させます。

 ゆすり作業    ゆすり作業2