トップページ > 図書館概要 > 広島県立図書館の「改革」について

広島県立図書館の「改革」について



 当館は,平成21年12月26日に行われた「広島県事業仕分け」を機に,1年半にわたって改革に取り組み,そうした一連の改革の総仕上げとして,1階フロア(開架室)のリニューアルを,7月2日(土)から1週間かけて行います。7月9日(土)には,いよいよリニューアルオープン。様々な企画を用意して,皆様をお待ちしています。

 当館の改革に関する経過や改革のメニュー等については,これまで断片的にしかお伝えしてきていません。館長が「広島県立図書館友の会ニュース」に連載した記事を御覧になれば,そうした事柄を理解していただけるものと思い,同会の許諾を得て,これを転載することとした次第です。

 当館の改革のメニューは,本年4月から今日に至るまで,一つ一つ実施に移してきましたが,これからが正念場です。十分とは言えなかった情報発信を積極的に行っていくとともに,利用者の皆様や市町立図書館・大学図書館等関係者の御協力をいただきながら,これからの改革の歩みを,より確かなものにしていきたいと思います。

 「広島県立図書館友の会ニュース」の記事はこちら→ (前編) (後編)

 平成23年5月9日付け中国新聞社説はこちら→