トップページ > レファレンス・サービス(調べる・相談する) > テーマ別の調べ方 > 雑誌記事・論文を探す

雑誌記事・論文を探す



                                                                                                                                                       平成27年10月 
 雑誌記事・論文の探し方を御案内します。
 雑誌記事・論文については,タイトルやタイトル中のキーワード,著者名,雑誌名などを検索対象としており,本文中のキーワードを検索対象としているものは稀です。
  また,ヒットした記事の全文を見るためには,具体的な文献に当たる必要があるものが多い状況です。
  当館で所蔵していない雑誌の記事・論文は,所蔵している図書館に該当の記事・論文の複写を依頼することができます。
  ただし,一定の条件があります。詳しくは,カウンター2「レファレンス・サービス(調べる・相談する)」の職員までお問合せください。
 以下,「インターネットで探す」場合,「オンライン・データベースで探す」場合の探し方を御紹介します。
 なお,◎印を付しているものは,本文を閲覧できます。(一部のみの場合があります。)
  
 1 インターネットで探す

  インターネットが利用できる環境であれば,どなたでも探すことができます。
  当館では,≪デジタル情報検索≫で御利用いただけます。カウンター2「閲覧席受付」でお申し込みください。

☆ まずこれを探す
  
つぎの二つは,国内の雑誌論文を探す時の基本的なものです。
 (1) 国立国会図書館 NDL-OPAC 雑誌記事検索 
      https://ndlopac.ndl.go.jp/
           国立国会図書館が作成している雑誌記事索引を検索できます。
  ゲストログインして雑誌記事のタブをクリックすると,昭和23年以降の国内の雑誌の記事・論文を探すことができます。
  (自然科学分野は昭和50年以降) 
  従来は,主に学術雑誌が対象とされていましたが,平成8年から平成12年にかけて,利用頻度の高い雑誌も加わりました。
 (2) 国立情報学研究所 ◎CiNii Articles(サイニイ アーティクルズ) 日本の論文をさがす
      http://ci.nii.ac.jp/
           国内学術雑誌を中心とした論文を検索できます。 
  タイトル,著者名,雑誌名などのほかに,全文検索のタブをクリックすると,CiNii収録の本文PDFを対象にキーワードで検索することができます。
  (CiNiiに本文が収録されていないものは対象外です。)
 CiNii収録の論文には,無料公開,定額,有料があります。
 無料公開されているものは,本文を閲覧できます。 定額と表示されているものは,当館で,本文を閲覧することができます。

 ☆ 科学技術関係は,これを探す
 (3) 科学技術振興機構 ◎J-GLOBAL 文献を検索
      http://jglobal.jst.go.jp/
         国内外の主要な科学技術・医学・薬学文献を検索することができます。
 国内学協会の電子ジャーナルなど,無料公開されているものは,本文を閲覧できます。 
 (4) 科学技術振興機構 ◎J-STAGE 科学技術情報発信・流通総合システム
      https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/
          科学技術分野を中心とした国内の学協会が発行している学会誌,論文誌をインターネット上に公開していますので,本文を閲覧できます。
  論文名等での検索もできます。
   
☆ 大学紀要等の学術論文は,これを探す
 (5) 国立情報学研究所 ◎学術機関リポジトリポータルJAIRO(ジャイロ)
      http://jairo.nii.ac.jp/
          国内の大学等の機関リポジトリ(※)に蓄積された学術情報(学術雑誌論文,学位論文,研究紀要,研究報告書等)を横断的に検索することができます。
  本文も閲覧できます。
             (※)機関リポジトリ:大学等の研究機関が,その知的生産物を電子的形態で集積し,保存し,無料で公開するために設置する電子アーカイブシステム
 (6) 国立情報学研究所 学術研究データベースリポジトリ
        http://dbr.nii.ac.jp/infolib/meta_pub/G9200001CROSS
         「経済学文献索引データベース」「家政学文献索引データベース」「社会学文献情報データベース」「地理文献データベース」など様々なデータベースを横断的に検索することができます。
 (7) Google社 ◎Google Scholar
      http://scholar.google.co.jp/
         査読論文,学位論文,テクニカルリポートなど学術情報に特化した検索用エンジンで,任意のキーワードを入力すると,関連度の高い順にリストアップします。
  無料公開されているものについては,本文も閲覧できます。

2 オンライン・データベースで探す 

  当館≪デジタル情報検索≫で,御利用いただけます。 カウンター2「閲覧席受付」でお申し込みください。
 (1) 日外アソシエーツ MAGAZINE PLUS
      専門誌,大学紀要のほか一般誌,海外誌紙まで収録しており,国立国会図書館の雑誌記事索引では未収録の記事・論文を探すことができます。
 (2) 国立情報学研究所 ◎Cinii Articles(サイニイ アーティクルズ)日本の論文をさがす
      【再掲】http://ci.nii.ac.jp/
     

  国内学術雑誌を中心とした論文を検索できます。
 CiNii収録の論文は,無料公開,定額,有料があります。
 当館では,無料公開されているものに加え,「定額」と表示されているものも本文を閲覧できます。

 (3) エレクトロニック・ライブラリー ◎教育機関向けELNET(イーエルネット)
        雑誌については,約150誌の政治,経済,産業,科学技術にかかわる論文,解説を中心に記事を探すことができます。一部は本文を閲覧できます。
 ただし,独自にクリッピングされた記事が対象となっており,対象誌のすべての記事を探すことができるわけではありません。 
 (4) 朝日新聞社 ◎聞蔵2ビジュアルfor Libraries
        『週刊朝日』(平成12年4月〜),『AERA』(創刊号〜)は全文検索ができます。また,本文を閲覧することもできます。
  『アサヒグラフ』は,大正12年の創刊号から昭和31年までの紙面イメージを,発行日と目次・概要から検索・閲覧できます。
 (5) 医学中央雑誌刊行会 ◎医中誌Web
       国内発行の医学・歯学・薬学・看護学及び関連分野の定期刊行物から収録した論文情報を検索することができます。
  一部は,本文を閲覧できます。