資料詳細

タイトル 日本林業技術史の研究
著者 脇野 博 /著
出版者 清文堂出版
巻名
出版年 2006.6
種別 図書

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
タグ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

資料コード 請求記号 所蔵館 所蔵場所 資料区分 状態 帯出区分
1005552722 652.1/106ワ/ 県立 開架図書 図書 持出可能

資料詳細

タイトル 日本林業技術史の研究 
著者 脇野 博 /著
著者紹介 1957年京都府生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(社会学)。秋田工業高等専門学校人文科学系教授。
出版者 清文堂出版
出版年 2006.6
ページ数・大きさ 6,342p 22cm
ISBN 4-7924-0606-4
価格 ¥8500
件名 林業-日本
個人件名
分類 652.1
内容紹介 鉄鋼やセメント、化石燃料が利用される以前において、土木・建築資材や薪炭の供給源として日本社会を支えた基盤産業である林業をとりあげ、近世林業技術の近代化過程の具体的様相とその特質を明らかにする。
タイトルヨミ ニホン リンギョウ ギジュツシ ノ ケンキュウ
著者ヨミ ワキノ ヒロシ

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第一編 近世林業における技術と労働
第一章 近世初期畿内地域の材木生産
第二章 木曾林業における材木生産の成立
第三章 木曾林業における伐出技術
第四章 江戸周辺における御用材伐出
第五章 江戸周辺における農民材伐出
第六章 近世の林政と育林
第二編 林業技術の近代化過程
第一章 森林資源開発と津軽森林鉄道計画
第二章 津軽森林鉄道導入と在来伐出技術
第三章 木曾森林鉄道導入と在来伐出技術
第四章 近代化における在来伐出技術の変容
終章