資料詳細

タイトル 放射線被曝の歴史
著者 中川 保雄 /著
出版者 明石書店
巻名
出版年 2011.10
種別 図書

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
タグ

所蔵

所蔵は 3 件です。現在の予約件数は 0 件です。

資料コード 請求記号 所蔵館 所蔵場所 資料区分 状態 帯出区分
1006534943 539.6/111ナ/ 県立 開架図書 図書 持出可能
1006742249 H53/ナカヤ111ア/ 県立 原爆 郷土資料 持出可能
1006742231 H53/ナカヤ111/ 県立 書庫1B 郷土資料 禁帯出

資料詳細

タイトル 放射線被曝の歴史 
タイトル関連情報 アメリカ原爆開発から福島原発事故まで        
著者 中川 保雄 /著
著者紹介 1943~91年。奈良県生まれ。大阪大学工学部精密工学科に入学。工学博士。大阪府科学教育センター研究員を経て神戸大学教養部教授を務めた。科学技術史専攻。著書に「子ども科学館」他。
版表示 増補
出版者 明石書店
出版年 2011.10
ページ数・大きさ 319,11p 20cm
ISBN 978-4-7503-3482-0
ISBN 4-7503-3482-0
価格 ¥2300
件名 放射線障害 , 放射線防護
個人件名
分類 539.68
郷土分類 H530
書誌区分 原爆広島                 
県内資料区分 一郷                 
内容紹介 アメリカで調べ上げた資料と、日本の広島・長崎原爆調査の妥当性の評価から、放射能の健康影響が過小評価されてきた歴史を明らかにし、被曝の被害の歴史から学ぶべき教訓を考察する。
タイトルヨミ ホウシャセン ヒバク ノ レキシ
著者ヨミ ナカガワ,ヤスオ

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
原爆傷害調査委員会(ABCC)の設立 51-55
ABCCによる遺伝的影響研究 56-57
広島・長崎での放射線障害の過小評価 99-109
広島・長崎の原爆線量見直しの秘密 161-182
広島・長崎の被爆者調査 280-281
一〇〇ミリシーベルト以下での急性症状出現 286-288