資料詳細

タイトル 認知症と生きる
著者 井出 訓 /編著
出版者 放送大学教育振興会
巻名
出版年 2015.3
種別 図書

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
タグ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

資料コード 請求記号 所蔵館 所蔵場所 資料区分 状態 帯出区分
1007184979 493.7/115イ/ 県立 放送大学 図書 貸出中 持出可能

資料詳細

タイトル 認知症と生きる 
著者 井出 訓 /編著
著者紹介 1963年埼玉県生まれ。米国オハイオ州ケース・ウェスタン・リザーブ大学看護学大学院修了。放送大学教授。専攻は老年看護学。
出版者 放送大学教育振興会
出版年 2015.3
ページ数・大きさ 276p 21cm
シリーズ名 放送大学教材
ISBN 978-4-595-31551-0
ISBN 4-595-31551-0
価格 ¥2400
件名 認知症
個人件名
分類 493.75
内容紹介 認知症とは何か、認知症の予防とは、認知症を患った場合どこでどのように暮らすのか。認知症に関する基礎的な医学知識から、認知症に対する具体的な取り組み、治療やケアに関する新たな情報までを解説する。
タイトルヨミ ニンチショウ ト イキル
著者ヨミ イデ,サトシ

目次

1 認知症とは何か:現代社会における認知症
1.認知症をめぐる社会状況
2.認知症の歴史的変遷
3.認知症の今日的課題
2 認知症の医学的な特徴1:認知症をきたす様々な疾患
1.認知症とは?
2.認知症の疫学
3.認知症の原因疾患
4.認知症と間違われやすい状態
3 認知症の医学的な特徴2:アルツハイマー型認知症
1.アルツハイマー型認知症とは?
2.アルツハイマー型認知症の疫学
3.症状と経過
4.検査
5.健常老化のもの忘れとアルツハイマー型認知症のもの忘れ
6.アルツハイマー型認知症の危険因子
4 認知症の医学的な特徴3:認知症の診断とその他の認知症;血管性認知症,レビー小体型認知症,前頭側頭葉変性症
1.認知症の診断
2.アルツハイマー型認知症以外の認知症
5 認知症の医学的な特徴4:認知症の治療~薬物療法について~
1.認知機能障害に対する薬物療法
2.認知症の行動・心理症状に対する薬物療法
3.認知症に対する非薬物療法
6 認知症の人の行動と心理的特徴の理解1:中核症状と周辺症状
1.生理的老化と認知症の違い
2.中核症状の理解
3.周辺症状(行動・心理症状)の理解
7 認知症の人の行動と心理的特徴の理解2:心理的問題の理解
1.認知症の人への対応の基本的理解
2.認知症という病気の理解
3.認知症の人の心理的特徴と行動の特徴
4.認知症の進行の段階に応じた対応
8 認知症の人の行動と心理的特徴の理解3:~様々な行動の特徴
1.問題行動,行動障害,行動・心理症状(BPSD)
2.行動・心理症状(BPSD)の基本的な考え方
3.行動・心理症状(BPSD)に対する理解と対応
9 認知症の人との関わり1:認知症ケアの歴史をたどる
1.昔々のお話
2.ケアなきケアの時代と言われる実態
3.施策を動かした日本で初めての認知症の人の調査
4.施策の変遷に沿った考え方の転換
5.1990年代の認知症ケアの大きな変遷
6.縛る認知症ケアからの脱却
7.ゴールドプラン21
8.認知症ケアに対する教育の変遷
10 認知症の人との関わり2:認知症の人の生活支援
1.認知症ケアの原則
2.生活環境-安心して過ごしたい-
3.おいしく安全に食べる
4.すっきり排泄する
5.きれいになりたい
6.姿勢と動作
7.活動と休息
8.衣
11 認知症の人との関わり3:認知症の人と権利
1.人間は皆「同じ」で「違う」-認知症の人へのまなざし-
2.認知症の人の人権を考える
3.認知症の人への偏見をつくりあげた原因
4.臨床場面での身体拘束問題
5.認知症の人に関する歪んだイメージの払拭
6.虐待
12 認知症の人との関わり4:認知症の人とのコミュニケーション
1.共感すること-一本の足はその人の世界に,もう一本の足は自分自身に-
2.関わるケア(コミュニケーションの場)
3.リアリティオリエンテーション
4.評価
13 認知症と生きる1:当事者から見る認知症-本人
1.当事者とは誰か?
2.当事者はどこにいたのか?
3.語り始めた当事者たち
4.本人への支援
5.本人の思い
6.本人の言葉
14 認知症と生きる2:当事者から見る認知症-家族
1.家族という当事者
2.家族は何を経験していくのか
3.介護という問題
4.家族への支援
5.家族として生きていく
15 認知症と生きる3:~地域で支える認知症
1.認知症予防とまちづくり
2.社会への働きかけ
3.認知症になっても安心して暮らせる地域
4.認知症の人が安心して暮らせるまちの条件
5.地域で支える具体的な取り組み