資料詳細

タイトル 「共生」の都市社会学
著者 三浦 倫平 /著
出版者 新曜社
巻名
出版年 2016.3
種別 図書

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
タグ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

資料コード 請求記号 所蔵館 所蔵場所 資料区分 状態 帯出区分
1007524430 361.7/116ミ/ 県立 開架図書 図書 持出可能

資料詳細

タイトル 「共生」の都市社会学 
タイトル関連情報 下北沢再開発問題のなかで考える        
著者 三浦 倫平 /著
著者紹介 1979年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会学)。同大学文学部助教(社会学)。専攻は地域社会学、都市社会学。
出版者 新曜社
出版年 2016.3
ページ数・大きさ 462p 22cm
ISBN 978-4-7885-1470-6
ISBN 4-7885-1470-6
価格 ¥5200
件名 都市社会学 , 都市再開発 , 東京都世田谷区
個人件名
分類 361.78
内容紹介 現代都市における「共生」という問題を社会学的に捉えてゆくためには、どのような認識や方法が重要になるのか。「共生」の揺らぎやそれを乗り越えようとする実践が現れている東京・下北沢の再開発問題を分析し、明らかにする。
タイトルヨミ キョウセイ ノ トシ シャカイガク
著者ヨミ ミウラ リンペイ

目次

序章 「共生」をどのように捉えるべきか?
第一章 都市空間の危機的状況/都市社会学の危機的状況
1 都市空間の危機的状況
2 都市社会学の危機的状況
3 なぜ、新都市社会学は隘路に直面したのか?
第二章 都市社会学の方法史的検討
1 初期シカゴ学派における「意味世界」
2 日本の都市社会学の方法史的検討
3 アクティヴ・インタビューの意義と課題
4 本書における「意味世界」の視角
第三章 「共生」をめぐる「迷宮の盛り場-下北沢」の紛争
1 下北沢地域と都市計画の概要-紛争の社会的背景
2 どのような「共生」の構想が分立し、展開しているのか
第四章 「共生」の構想の社会的世界
1 「歩いて楽しめる空間」という意味世界の背景
2 計画推進側の意味世界の背景
第五章 「共生」を実現するための構想・運動の可能性と課題
1 三つの政治的な構想
2 対抗型の構想の前史-小田急高架訴訟の意義と課題
3 対抗型、連帯型、イベント型の構想・運動の誕生と展開
4 対抗型と連帯型の運動の分岐と対立
5 「ラウンドテーブル」をめぐる構想の対立
第六章 研究対象者の視点から見た分析の課題
第七章 結論
1 本書の方法論的意義
2 本書の分析的意義
3 本書の課題と展望