資料詳細

タイトル 動物の声、他者の声
著者 村上 克尚 /著
出版者 新曜社
巻名
出版年 2017.9
種別 図書

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
タグ

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

資料コード 請求記号 所蔵館 所蔵場所 資料区分 状態 帯出区分
1007752700 910.26/117ム/ 県立 開架図書 図書 持出可能

資料詳細

タイトル 動物の声、他者の声 
タイトル関連情報 日本戦後文学の倫理        
著者 村上 克尚 /著
著者紹介 1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員(PD)。青山学院大学、共立女子大学非常勤講師。
出版者 新曜社
出版年 2017.9
ページ数・大きさ 392p 20cm
ISBN 978-4-7885-1537-6
ISBN 4-7885-1537-6
価格 ¥3700
件名 動物(文学上)
個人件名 武田 泰淳 , 大江 健三郎 , 小島 信夫
分類 910.264
県内資料区分 一郷                 
内容紹介 人間性=主体性の回復をめざした日本戦後文学。武田泰淳、大江健三郎、小島信夫の作品における動物の表象に着目し、それを通じて表現された、人間性という戦後的な理念への根底的な疑義について分析する。
タイトルヨミ ドウブツ ノ コエ タシャ ノ コエ
著者ヨミ ムラカミ,カツナオ

目次

序章 なぜ動物なのか?
1 本書の目的
2 近年の動物に関する哲学的考察
3 動物の表象に関する文学研究
4 戦後という時代
5 作家の選定
6 本書の構成
第一部 武田泰淳
第一章 「審判」
1 『司馬遷』と『世界史の哲学』
2 複数の声のフォーラム
3 記録者の特権性と動物の主題
4 「罪の自覚」というレトリック
結論
第二章 『風媒花』
1 竹内好の国民文学論
2 外部への架橋
3 「混血」としての主体
4 全知の語りへの抵抗
結論
第三章 「ひかりごけ」
1 人間としての倨傲
2 人肉食をめぐって
3 「ひかりごけ」の構造
4 国家と法-外なもの
結論
第二部 大江健三郎
第四章 「奇妙な仕事」
1 先行批評の整理
2 同時代状況から
3 犬殺しの強制収容所
4 アレゴリーから変身へ
結論
第五章 「飼育」
1 動物小説としての「飼育」
2 江藤淳の近代主義批評
3 三島由紀夫の反近代主義批評
4 「飼育」の新たな読みへ
結論
第六章 「セヴンティーン」
1 「セヴンティーン」の位置
2 自意識の語りとねじれ
3 人間・動物・獣
4 《人間》の問い直しへ
結論
第三部 小島信夫
第七章 「馬」
1 初期小島作品の方法
2 戦後の家庭機械
3 馬と家庭の失調
4 「馬」の政治性
結論
第八章 『墓碑銘』
1 日本人になること
2 軍隊と動物
3 軍隊と家庭
4 軍事化を攪乱する
結論
第九章 『抱擁家族』
1 『成熟と喪失』の背景
2 クィア・ファミリーの誘惑
3 軍事化とその亀裂
4 歓待と動物的他者
結論
第四部 動物との共生へ
第十章 『富士』
1 動物と精神障害者
2 「治療」というイデオロギー
3 精神障害者のアイデンティティ闘争
4 治療から分有へ
結論
第十一章 『万延元年のフットボール』
1 主体の解体の先で出会うもの
2 鷹とネズミの構造的対立
3 傷つきやすさと赦し
4 沈黙の叫びを翻訳する
結論
第十二章 『別れる理由』
1 代償行為としての姦通
2 トロヤ戦争を解体する
3 「馬」の再演
結論
終章 非対称的な倫理
1 戦後文学と動物
2 動物への暴力を乗り越えるために
3 今後の展望